サラリーマンぽんぽん

普通のサラリーマンが日常を綴り、かつて読者がたくさんいた受験日記ブログを上回る反響を目指しますw

古いiPhoneから新しいiPhoneへデータを復元する方法

新しくiPhoneを買ったとき

さてさて,無事に出品中の前iPhoneですが,出品するまでに,今まで使っていたiPhoneから新しいiPhoneにデータを移す必要があります。

今日は,iTunesを使ったiPhoneの復元方法についてご紹介したいと思います。

復元までの準備

復元するためには,データのバックアップをする必要があります。 バックアップの方法については,下記の記事に詳細を書きましたので参考にしてみて下さい。

www.pom2e.com

ちなみに,MacbookAirのようなSSDで容量が小さいPCが母艦になっている方は,外付けHDDに一度全部バックアップを取ってしまえば,iCloudに課金しなくても済みますので,ぜひやってみてください。

www.pom2e.com

これまで使用していたiPhoneをPCに接続し,iTunesでバックアップをしてしまえば基本的にはOK!

そういえば,LINEについては別途バックアップを取ったんで,それも別記事で紹介することにします。

新しいiPhoneを古いiPhoneから復元

参考にさせて頂いたサイトはこちらです。

appllio.com

この方法を実施することで,以下のことも元通りになりました。便利ですね。

  • インストールしていたApp
  • Appの画面上の配置
  • wifiのパスワード

他にも大体のことはバックアップされていました。 一時期Androidを使っていたので,iPhoneからiPhoneへの移行は初めてだったのですが,基本的にはやることも少なくて簡単にできます。

iPhoneをiTunesにつなごう

なにも考えずにLightningケーブルを使ってPCと接続すると,下のような画面が出てきます。

f:id:pom2e:20170201181516p:plain

ここで,このバックアップから復元を選択し,上で取ったバックアップを選択して続けるをクリックすればOK!

しばらく時間がかかるので気長に待ちましょう。

あとは,iCloudのパスワードをiPhoneで要求されますので,忘れずに覚えておきましょう。

App Storeから削除されてしまっているアプリなどはインストール出来ませんでしたという警告がバックアップ完了時に表示されます。 その場合は,Appが新しいものに変わっている可能性が高いので,アプリ名をメモして自分で検索する必要があります。 僕もみずほ銀行のアプリが古いものだったらしく,インストール出来ませんでした。

まとめ

  1. iTunesを使って古いiPhoneのバックアップをとっておく
  2. 新しいiPhoneをPCに繋いだときに,バックアップから復元を選択すれば自動的にアプリやアプリの配置まで復元してくれる!