サラリーマンぽんぽん

普通のサラリーマンが日常を綴り、かつて読者がたくさんいた受験日記ブログを上回る反響を目指しますw

iPhone買ったらSpigenのクリアケースとガラスフィルムがおすすめ!

iPhoneを新調

先日ヤフオクに出品したようにiPhoneを新調しました。

www.pom2e.com

www.pom2e.com

その時の写真!

そう言えば,一緒に買ったものを紹介し忘れていました。 6s plus時代から使っていたケースと保護フィルムをご紹介したいと思います。

ケースの決め手

まずはケース。せっかくiPhoneの裏側はいろいろな色をしているのだから,それが見えるようなケースがほしい!

背中が透けて見える

このように書くとなんか変な感じになっちゃいますが,ようは透明なケースがいいって事です。

Amazonで調べると色々出てくるのですが,

f:id:pom2e:20170215222134p:plain

6sから私はこのSpigenの米軍MIL規格取得となんか強そうなケースを買っております。

もちろん使っているうちに,どんどん黄色くなってしまうので,ちょっと残念ですが1年位は綺麗な透明色です。

実際にこんな箱に,こんな袋に入れられたものがはいってます。 特に付け方にアドバイスはありません笑

カパッとはめるだけで終わります笑

保護シート

保護シートの決め手は,ズバリ硬さです。

iPhoneを落としたとき,画面が割れないようにしたいと思うのは皆さん一緒ではないでしょうか。

画面が割れると,タッチパネルがうまく使えなかったり,手をけがしたり,そもそも画面が見にくくなってしまいます。

さらに,修理をしようとすると結構なお値段。。。

ガラスフィルムであるものを使うことで,画面が割れる代わりにこのシートが破れてくれ,画面への傷を防いでくれます。

ただの保護シートに比べると非常に厚い印象を持たれるかと思いますが,なれてしまえばそこまで気にならないです。

ガラスフィルムは,貼り付けるときに気泡も入りにくいですし,表面もつるつるしているので綺麗です。

ただし,デメリットとしては,一度剥がすと貼り直すことが難しいのと,画面は割れませんが,フィルムが破れます。

後はちょっと高いです。。。

6s plusを使用しているときは,普通のクリアフィルムを使っていましたが,これはこれで長期間使っているとフィルムがくっついてしまい,剥がすのが大変という思いもしました。。。

つけてみる

実際に買ったときにつけてみたときの写真です。

開封!

中身はこんな感じ。フィルム以外に,液晶を拭くウェットクリーナー,布,ホコリを取るシールも付いています。

説明書は多国語で書かれており,日本語も書いてあります。読んだとおりにやればできちゃう!

書かれた通り,新品のiPhoneの画面をウェットクリーナーで拭き,

Back と書かれてたシールが貼ってあるほうがiPhoneにくっつく面なので,Backのベロを剥がします。

あとは,上下の取っ手を持って,画面にピッタリあうよう位置にガラスフィルムを持っていき,そっと置くだけ!

上下の取っ手はこんな感じの半円になっています。画面にくっつける面を全然触らずに貼り付けることができるので,フィルムに指紋がついちゃった!!なんてこともないです。

きれいに貼れました!

まとめ

  1. iPhoneのケースはSpigenのクリアケースが後ろの色が綺麗に見えてかっこいい!
  2. 保護フィルムは,ガラスフィルムにするとちょっと高いけれど気泡ができにくく,ツルツルで綺麗!
  3. Spigenのフィルムは貼り付けやすいのでおすすめ!!

是非,iPhoneを新調しようと考えている方や,ちょっとフィルムをいいやつにしたいなっていう人はガラスフィルムに変えてみてはいかがでしょうか?